タンス預金が増加している理由と危険性

タンスの知識

タンス預金が増加している理由と危険性

タンス預金とは、呼んで字の如くタンスの中にお金を入れておき保管することを指します。近年銀行に普通預金や定期預金を預けていても、ほとんど利息が上乗せされないといった点から銀行にお金を預けておくことが無駄だと感じ、結果として自身でお金の管理が行いやすいタンス預金を行うようにしているといった方が多くなっています。 しかしタンス預金には万一の際の危険性があるため、どうしても自宅でお金の管理を行いたいといった希望を持っていないようであれば、纏まったお金は銀行に預けるべきであると言えます。 例えばご家庭に火事がおきてしまいタンスが燃えてしまったなどという不幸があった場合に、お金をタンスに入れていれば当然現金が全焼しています。 しかし銀行の場合、銀行の支店に何かトラブルがあったとしても、顧客の預貯金には影響がないため、好きなタイミングでの引き出しが永続的に可能だと言えるのです。 泥棒などに取られる危険性もあるため、数百万円単位のお金は銀行に預け入れるようにしてください。

注目サイト

金沢 体験学習
https://www.k-katani.com/shop.htm

2017/4/11 更新

Copy Right (C) タンスの知識 All Right Reserved